TOPへ戻る>McWorter(マクウォーター)

スポンサードリンク

キュー販売取扱会社一覧

ネットキュー販売取扱会社一覧

スポンサードリンク


McWorter(マクウォーター)一覧

ジェリー・マクウォターは1964年カリフォルニア州生まれで建築関係の会社を営む両親のもとに生まれ、10代でビリヤードにのめり込み、高校の工作室に合った機械で自作のキューとケースを作るほどでした。

自作のキューに満足がいかなかったマクウォーターは、カリフォルニアのキューメーカー、ジョン・ロビンソンからキューを購入します。それから数年間はビリヤードをしながら両親の建築会社に就職し、仕事に専念するも、80年代後半の建築業界の不況で、ほかの仕事を探していたとき思いついたのが、「シンプルなキューをデザインし、キューメーカーに制作させて、手ごろな価格で販売する。」ことでしたが、制作してくれるメーカーがなかったので、自分で作ろうと決心します。

キュー制作の勉強のため、バート・シュレイガーの工房で修業したり、デビッド・カーセンブロックからアドバイスをもらったり、アーニー・ギュテレス(ジナキュー)にも助けてもらったりして、88年に初めてキューが売れました。

シンプルなデザインだけではなかなか売れないことを実感したマクウォターは、徐々にデザインにバリエーションを増やし、価格も上げていきました。

90年代に入り、ACA「アメリカン・キューメーカーズ・アソシエイション」に入会し、キューセールスがてら自身も各地のイベントやトーナメントに参加し、注文が増えると、アラスカのトーマス・ウェインの協力を得て、コンピューター制御の彫刻機を導入し、芸術性の高い美しいデザインと、優れた打球感を持つ素晴らしいキューへと進化していきました。

マクウォターはトーマスと、キューコレクター向けにも「ショーケース・オブ・アメリカン・キューアート」を開催したり、華麗なデザインを競うイベントの原点ともなりました。

ビリヤードプレイキュー

McWorterMcWorterMcWorter

ビリヤードキュー選びおすすめグッズ