TOPへ戻る>タップ交換

スポンサードリンク

キュー販売取扱会社一覧

ネットキュー販売取扱会社一覧

スポンサードリンク


タップ交換の方法

まずは道具

左から、ペンチ、瞬間接着剤、紙やすり、スクレーパー、カッターの刃。 そしてグズグズの気に入らないタップ、もしくは気に入って限界に使った薄いタップ

まずはペンチでタップを取り外します。

取り外した面(先角コツ)をきれいにカッターの刃で削ります。 刃を立てて、キューを回転させながら。

コツの面がまっすぐになっているか確認のためカッターの刃を当ててみる。

そして取り付けるタップ。

今回はREIタップにしてみます!固くていい感じだがどうかな?! タップの取り付け面を紙やすりで平らにする。

この時、平らなテーブルやガラス等の上で作業すること。

取り付けるシャフトのコツにマスキングテープを巻く。(慣れたらいいらしいw)

コツの先、タップの取り付け面をきれいに清掃したら瞬間接着剤の登場! しっかり接着剤をコツの先に塗り、タップを乗せる。緊張の一瞬! 乗せたら、しっかり外れませんようにとお祈りしながら押さえつける。(地面に押し付けまくってやった)

ここで一服。煙草でも吸って落ち着いてください。接着剤が頑張って働いてくれてますんでw これからが成形作業。 一般的には皮切り包丁を使うみたいですがオルファのスクレーパーが刃の厚みが良く、切れが悪くなったら新しいのを買っても負担にならない値段です。

 OLFA(オルファ)スクレーパーL型35LB

 OLFA(オルファ)スクレーパーL型35LB

価格:315円(税込、送料別)

両脇にはみ出したタップをスクレーパーで削ります

コツの部分を削ってしまわないように刃先に紙やすりを当てて、スクレイパーを固定し、キューを回す!

タップの下部から回しながら削り、徐々に上部へ。 タップのサイド面がだいたい削れたらきれいに成形の為刃を立ててまたキューをクルクル回転

こんな感じでタップのサイド面とコツがそろった。

あとはタップの上面(撞くところ)の成形と仕上げ♪ 金やすりで好きな感じのアールをつけ、紙やすりでタップのサイドと肩をきれいにし、最後になぜか?!鼻の脂をサイド面に塗り、ティッシュで拭くと ピカッて光ったサイド面になりました(笑)コツが汚いのは持ち主がB型でおおらかなんで気にしないでください。 成形終了

試しで撞いてみたがとりあえずは取れませんでした

ビリヤードキュー選びおすすめグッズ